注意!今日は長いんです。

ある夜、家での晩酌も一段落、そろそろおねむの時間っていう時に

インターホンがピンポーンって。深夜にマンションの入り口でピンポン押すか? ヤな予感。

「はい、どちらさま?」って言うと「飲み行こうや。」、「ハァ?」、「飲み行こうや。」

まあ今からピクニックじゃないよね、飲みに行くしかないじゃろうけど

もう一度「どちらさま?」って聞くと、ちょっとキレ気味に「武田じゃけどね。」

ゲッ!わしがハタチぐらいの時から目をかけてもらっとる先輩じゃ。

住所で探して来たんじゃ。相当、酔っとるで。ヤバいの~。

慌ててパジャマの上にジャージを羽織って出ていくと、

マンションのロビーにおったよ、真っ赤な顔して、既にヨロヨロしとる。ヤバいの~。

先輩は、いきなり肩を組んできて「行くで!」ってベロベロの酔っぱらい。

「帰った方がいいんじゃないですか。」って言うと「なんじゃ!わりゃ!おまえわしがどっから来たと

思うとるんや!家からで。エヘッ。」ア~、ダメじゃ。覚悟決めるしかないわ。

こういう時は、行きつけの居酒屋に行かんと、一見で入った所は放り出されるんよ。

居酒屋ではお決まりじゃけど、急に後ろにひっくり返るし、他の客にからむし…

しかし、こんなにベロベロに酔っぱらっとるのに、よく潰れんと思うわ、タフじゃわ。

お勘定する時も、わしに3万円握らせて「これでなんとかしとけや。」って

二人で焼酎飲んで軽くつまんで3万円もするわけないじゃん。

そういえば前にも、次の日に先輩の所にお釣りを返しに行った事があるわ。

タクシーに乗せるまでがわしの仕事。ここが重要で、タクシーにベロベロの酔っぱらいが

ばれんようにせんと止まってくれんけーね。倒れそうな先輩を支えて

タクシーに押し込んで、居酒屋に戻って、謝って、終了。

あれ、メガネ忘れとる。どのみちお釣りを返しに行かにゃーいけんけー

持って行きゃーええか。と、家路につくわし、お疲れさん。

翌日。

先輩の家に行くと、昨日の酔っぱらいはどこ?って言うぐらい普通のおっさんに戻っとった。

「はい、メガネとお釣りです。」って渡すと「ご苦労。」って普通に対応するんよ。

先輩が「昨晩、目が覚めると、警察に連れていかれとっての~

まったく、タクシーの運転手めが!わしゃぁ3駅も歩いて帰ってから、

すっかり酔いが醒めてしもうたわいや。」って、先輩が悪いに決まっとる。

きっとごねたんじゃろーのー。諸事情は聞かんのよ、どうせ覚えてないけーね。

まっ、こんな事もあるんですよ。(モチロン先輩の名前は仮名です。)



[PR]
by hikaludesign | 2011-02-15 08:08 | ★ひとこと | Comments(4)
Commented by riri at 2011-02-17 00:47 x
大変なお役目じゃねー。
ご苦労さま。笑
仮名の人に会ってみたいわぁ。
Commented by じぇにー at 2011-02-17 08:29 x
なんとも微笑ましい酔っ払いエピソードじゃないですか・

まあ介抱する側じゃと
しゃれんならんかったでしょうが
夜遅くにお疲れ様でした。

その先輩がうちのエロおやじじゃないことを
願うばかりです。


Commented by hikaludesign at 2011-02-17 09:03
えっ、ririさんは今LAでしょ?
わざわざLAからのコメありがとさんです。
仮名の先輩は同業者です。
普段は普通のおっさんなんですけど
酔うと……まっ、酔っぱらいはみんな一緒ですよね。
 
Commented by hikaludesign at 2011-02-17 09:19
じぇにーさん、
わしの飲み友達の中でこの先輩は普通の部類です。
行きつけの居酒屋はビルの2階なんですけど、その階段を上ろうとした時
上からベロベロに酔ったおっさんが転げ落ちて来たんですよ。
わしの足下に逆さになっとるけー「大丈夫なん?」って聞いたら、
「わしを誰じゃぁ思うとんや!」って言うんですよ。
「知らんがな」って感じですよ、呆れるでしょ。
面白い事だらけです。酔っぱらいは。

じぇにーさんのお父様と飲んでみたいです。
面白そうです。しっかり介抱しますんで、ご心配なく。
 


広島弁ブログ


by ツキノワグマ

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

カテゴリ

全体
★クラフト
★イラスト描いてます
★クック
★ミュージック
★アート
★自転車
★島根じゃなかったシネマ
★モーターサイクル
★イベント告知
★テスト
★ひとこと
未分類

ブログジャンル

陶芸
中国

画像一覧

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月